EDIT l RSS

ききてつ。

嵐さんとビートルズ、ときどきスピッツ。
<< ここでも原点回帰 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | CM(0) | TB(0) |
櫻井翔らしさの24時間テレビだった。

今晩の嵐にしやがれは、
24時間テレビのおさらい&未公開シーンだった。

未公開の部分ではかなり驚かされた。
泣きそうな人が泣いてなく、
泣かないであろう人がおそらく泣いていた、から。
前者は松本潤、
後者は櫻井翔。

とくに櫻井氏。
被災した中学校の卒業式で歌うはずの合唱を武道館で成功させよう、
と、自分の持てる時間をできる限り
ピアノの練習にかけて本番の日を迎えたのだろう。

ニュース番組でのキャスターで東北に行く機会も多く、
考えることや思うこともいろいろあったのだろう。

本番直前のリハーサルで、
いつも私たちの観ている櫻井氏のようだった。
それが本番に向けてのあいさつにさしかかった瞬間に、
声が途切れ、おおきな空白の時間ができた。
やがて、絞りだすように話しはじめ、
でもすこしまえのような声量ではなく、
どうにかして言葉を言い終えたようだった。

よく、この場面を放送してくれた。

画面でいつも観ているような
どんなときも冷静で状況によってはおどけ役も買って出て、
感情面ではかなり臨機応変に対応しているようだけど、
この人の内側はきっといろいろな思いや感情がうごめき、
こころの奥底では熱いものがゆらめいている。

あの場面を観て、そう感じさせるものがあった。

表面に見えるよりずっと、
ひとつひとつの物事に思いをかける人なのかもしれない。

そういえば、24時間テレビの冒頭で、
「『日本って…』というテーマはあまりにも大きすぎるので、
24時間やっていくなかで自分なりの答えを出していきたい」
と櫻井氏は言っていた。

そういうところにも、
なにか「らしさ」が表れている。


| あらしさん | 23:18 | CM(0) | TB(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:18 | CM(0) | TB(0) |
ABOUT
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ENTRIES
CATEGORIES
PAST LOG
Twitter
nacchi8823をフォローしましょう
嵐さんはいまいくつ?
MOBILE
qrcode
LINKS
PR